家計診断実例30代夫婦1

家計相談実例その1 相談者Aさん(35歳)会社員 年収(450万円)   配偶者(35歳)会社員 年収(250万円)    子 (3歳)    子 (1歳) Aさんご夫婦より家計診断を依頼され、ヒアリングを開始。当初ご夫婦の不安材料は現在の貯蓄残高とこれからの子供にかかる教育費や、住宅取得も希望 … 続きを読む

返済方法について

元利金等、元金均等と一般的には2種類です。多く使われているのが元利金等払いです。借り入れ金額、期間、金利など条件が同じなら元金均等払いのほうが支払利息が少なくなりますが、当初支払い金額が元利金等払いより多くなるため必ずしもいいとはいえません。毎回支払額は減少していきますが減少幅は小さいので、初回支払 … 続きを読む

ローンについて

今回はローンについてのお話しです。各金融機関のローン内容により条件は変動しますのでまずはローンの勉強をしていただき自分あったローンを探しましょう。 例えば、固定金利と変動金利はどちらを利用した方が良いのか?と悩まれる方もいらっしゃると思います。それぞれの特徴として、固定金利は〇年間固定、全期間固定 … 続きを読む

保険を見直すのもプランナーの仕事です

加入した保険、加入時は「自分にピッタリの保険」であったかもしれませんが、月日がたてば、生活状況や収入面等様々なことが変化していきますよね? 当社では保障内容の確認、また見直しなど対応は生保、損保40社以上で対応します。まずは保険の基本的な考え方、必要保障算出まで勉強していただきます。家計から見た保 … 続きを読む

ご相談について

当社の営業時間は完全予約制で年中無休です。ご相談時間もご都合のいい時間にご対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。 また、ご相談にかかる時間は基本的に1回2時間程度です。2時間程度ですと、「この1回で決められるのかな?」と思われるかもしれませんが、安心してください。殆どの方が複数 … 続きを読む

驚愕の金利!今がチャンス!

平成28年7月の住宅ローン金利は35年固定金利で驚愕の0.93%となりました。マイナス金利の影響があるとはいえ考えられない金利水準です。このチャンスを生かして積極的に借り換えを検討しましょう。まだ借りたままの人、借り換えをしたけど金利差、残年数、残高が多い人、まずは借り換え費用なども考慮して試算をし … 続きを読む

住宅ローン借り換えチャンス!

マイナス金利の影響を受けて住宅ローン金利は至上最低を更新中!借り換えメリットが大きいケースは 借入残高が多い 借り入れ残年数が長い 現状との金利差が大きい 注意するべきことは借り換え費用や、目先の金利で判断しないこと!固定期間終了後の金利水準は高めで試算すること!金融機関の言葉を鵜呑みにしないこと … 続きを読む

住宅ローン金利至上最低!

平成28年3月住宅ローン金利が史上最低になりました。現在の住宅ローン見直しの最大のチャンスが訪れました。家計収支改善などの目的を持って借り換えなど積極的に行動しましょう。 現在のローン内容により借り換えのメリット、デメリットを把握しましょう。 金融機関は現状のローンを維持する、新規獲得のために躍 … 続きを読む

ベストな住宅ローンを借りるための心構え

1.自分たちの現状把握が大切収入、支出、貯蓄残高、その他の借り入れ状況、つなぎ資金の有無など 2.2社~3社(複数の金融機関)以上で総返済額でのローン比較する種類、キャンペーン、優遇金利、団体信用生命保険保証料、手数料などトータルで判断する 3.土地、建物など業者(不動産:工務店:メーカーなど) … 続きを読む

家計診断相談事例

直近での家計診断の相談事例(秋の陣) 傾向は  多くの方が貯蓄が思ったようにできていないことや、  現状の貯蓄残高で満足している傾向が見受けられる 原因は  貯蓄ができる方程式の理解度不足   できない方は         収入ー支出=貯蓄   納得いく貯蓄ができる方     収入ー貯蓄=支出 … 続きを読む